葉酸で胎児がすくすく育つ|妊婦をサポートする優しい成分

妊娠、貧血に重要な栄養素

女性

妊娠中に摂りたい栄養

葉酸はほうれん草から発見された栄養素でビタミンB群の1つで、厚生労働省から妊娠中の女性に摂取して欲しい栄養素として勧められています。これは、葉酸が不足した妊婦からは先天性の障害がある赤ちゃんが生まれるリスクが高いことが理由です。妊娠中はもちろんのこと妊娠を考え始めた時から摂取することで障害を予防することが可能です。葉酸は食事からとることも可能ですが、妊娠中や授乳中は通常よりも多めに摂取する必要があります。そこで厚生労働省では、食事から摂れない不足分をサプリによって摂取することを勧めています。サプリには天然と合成のものが販売されていますが、厚生労働省では合成のサプリから葉酸を摂取するように勧めています。

天然と合成の違いと効果

ここからは、葉酸の働きと効果、天然と合成の違いについてみていきましょう。葉酸は、細胞を作るための核酸を合成する働きがあります。また、胎児が成長するためには細胞分裂を繰り返す必要がありますが、葉酸は細胞分裂を促す働きを持っています。この他には血液を作る働きもあるので不足すると貧血になってしまいます。葉酸は、赤ちゃんの体や脳を形作るためには大切な栄養素なのです。葉酸が不足しないようにするためには適量をサプリで補うことが重要です。赤ちゃんのことを考えると天然のサプリを選びたくなりますが、実は天然のものは吸収率が悪いので摂取する量を合成サプリよりも多くする必要があります。合成サプリは体に悪いというイメージがありますが、吸収率がなどから考えると合成サプリがお勧めです。天然と合成に違いはありますが、葉酸不足にならないように必要量を守って摂取することが大切です。

不妊の可能性がある時

赤ちゃん

不妊治療は精神面でも肉体面でも女性に負担が掛かりますので、夫婦が二人三脚で行う必要があります。タイミング法から始まって、人工授精や体外受精、そして顕微授精へとステップアップしていくのが一般的でしょう。

読んでみよう

男性の不妊を乗り越える

自然

大阪で男性が不妊治療を受ける際には、自分の症状に合った病院を選ぶことが重要です。症状によって内科的治療が適しているのか、外科的治療が適しているのかは異なります。また、内科的治療や外科的治療で効果がない場合には、人工授精や体外受精を検討することも必要です。

読んでみよう

妊活に取り入れたい成分

自然

葉酸やマカが妊活サプリの成分として人気ですが、その他にも妊活に取り入れたい成分があります。ビタミンEや亜鉛は、女性だけではなく男性も一緒に摂取したい成分です。また、女性ホルモンバランスを整えるザクロやEPAやDHAも妊活サプリで摂取したいところです。

読んでみよう