葉酸で胎児がすくすく育つ|妊婦をサポートする優しい成分

不妊の可能性がある時

赤ちゃん

妊娠するために必要な事

妊娠するためにはまず、排卵日に受精しなければなりません。妊娠できる身体であってもタイミングがずれていたら妊娠は不可能ですから、不妊治療で最初に行う事はタイミング法になることがほとんどです。卵子や精子に問題がある場合は最初から高度不妊治療を行うこともあります。高度不妊治療は身体にも大きな負担が掛かりますし、また費用の面でも保険が効かない分高額になるケースがあります。世帯の収入などによって助成金が出ることもありますので、お住いの自治体にまずは相談しましょう。不妊の原因がハッキリしている場合と原因が分からない場合があります。身体の冷えやストレスなども不妊の原因にもなりますので、心にゆとりを持つことも大切です。

不妊の治療手段

不妊治療は女性に大きな負担が掛かります。一般不妊治療としてはタイミング法から始まりホルモン療法や人工授精があります。タイミング法は排卵日を特定することが出来るので受精率が高まります。黄体ホルモンに障害がある方はホルモン療法を取り入れることもあるでしょう。人工授精は精子を人工的に子宮に注入する方法です。精子に問題がある場合に有効な手段でもあります。また、タイミング法を半年程度続けても効果がない場合、ステップアップとして人工授精が用いられることが多いでしょう。そして、人工授精でも妊娠に至らない場合には、更なるステップアップとして、体外受精や顕微授精に発展します。この場合、一度の治療に数十万掛かることもあります。